忍者ブログ
もうすぐ復帰。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

友人に猛プッシュされて観ました。
よかったす。 
もろセカイ系だから好みは分れると思うけど、個人的にはよかったす。

思春期とかで解離的になったりひきこもったり狭い仲間内で付き合ったりするのはハタから見たら甘えとか幼稚とか思われるだろーけども、そういう状態の時はそれはそれでその時しか得られない事とか気付けない事がある(はず)だから、無駄じゃないって事なのかなと思った。
3人の主人公(サユリ・ヒロキ・タクヤ)で三角関係がこじれずにすんなりサユリとヒロキで納まったのは、タクヤは先に新しい人間関係つくってて、もう大人になってたからなんかなと思った…
ところでオープニングを見直してみると、大人になったヒロキが一人で思い出の場所に行ってるけど、その表情が微笑ましく懐かしんでるってよりもっとシリアスな(切実っぽい?)表情で懐かしんでる感じがする。
エンディングでサユリといい感じに納まってたようだったけども、そういうのは(サユリが不安に思ってたように)その後もずーっと続くことが決まってる物ではないどころかその時期だけしかあり得ない関係だったってことなのかも。

とかなんとか色々ウダウダ考えてると、観てるときはそうでもなかったのに段々自分の高校の頃の気持ちとか思い出されてくる気がします。
恋愛の話でそんな懐かしさとか感じるわけないやん(自分の場合はね)、って思ってたけど、それは完璧に偏見でした。
すごくいい映画です。

けど、ここまで個人的な話にするんならSFな設定でなくファンタジーにすれば良かったんじゃないかなとは思った。

エンディングテーマはすごくイイです。映画館で聴いてたらもっとグッと来てたかもと思って後悔。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/19 ねずみ男斉所]
[01/18 ジム・バーネット]
[01/15 ねずみ男斉所]
[01/12 ねずみ男K君]
[01/09 ねずみ男斉所]
プロフィール
HN:
斉所
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ 粉骨堂ブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]